Necromakeycon-ネクロマキコン-

唐揚げを揚げつつ横スマを振ります。

クロブラのサイトが出来ました→ 神奈川スマブラ対戦会クロブラ

【映像編集】動画を編集したい人向けの記事(編集ソフト編)

YouTuberとかVTuberとか増えてきたり、TwitchとかYouTubeLiveとかで配信供給が増えてきましたが、それに伴い『動画編集してえ!!』みたいな声をちらほら聞くようになったので、わかる範囲で動画編集ソフトを紹介します。

 

既に動画編集をやっていて、もう慣れている人は、自分が一番慣れているソフトで続けるのがいいと思います。ただ「こういう編集がしたいけど物足りない」とかある場合は参考になるかもしれません。

自分は高校の時は放送部だったのもあり、動画ソフトは無償有償問わずあれこれ使っていたので、使ったこともあるソフトを中心に、「こんなのもあるよ」っていうのを挙げてみます。

 

 

AviUtl

www18.atwiki.jp

無料で編集するならこれ。AviUtl。

無料で使える点と、プラグインによる拡張性がある点から多くの人がこれを使っているのではないかと思います。

 

映像の切り貼りからエフェクトまで多彩な編集ができますが、素の状態ではあまり使えず、必要なプラグインを入れないといけない点もあって、事前にサイト等で調べたりするなど準備が少し手間になるかなという点が欠点でしょうか。

 

プラグインの導入方法や、編集方法などはいろんなところで紹介されていると思うので割愛します。

 

 

Windowsムービーメーカー

昔自分が使っていた(11,12年ぐらい前?)、Windowsに備え付けで入っていたソフトです。今はサービス終了となっていますが、一応無料でDLできるようにはなっているみたいです。

ただ、サービス終了している点や、ほかの優秀なソフトが出回っている点から考えると、「今から初めて使う動画編集ソフト」にするのはお勧めしません。

使うのであれば、AviUtlを触ってなくて、昔Windowsムービーメーカー触ってたけどちょっとだけ編集したいなーぐらいの人じゃないでしょうか。

機能的にもあまり良くないので、映像編集をしっかり行いたい人は別のソフトにしてみましょう。

 

Corel VideoStudio

名前を聞いたことがない人もいるかもしれませんが、有償の動画編集ソフトです。

www.videostudiopro.com

 

 

自分が触った初めての有償動画編集ソフトはこれでした。

これも使っていたのがかなり前(10年前ぐらい?)なので使用感はかなり変わっていると思いますが……。

 

買い切りで1万円ちょっとなので、ガチャに課金する程度の額で利用できます。
また煩雑なプラグイン等は入れる必要がないので、パソコンの知識が少ない人でも操作はしやすいのではないかなと思います。

ただ、凝ってきて、細かい編集をしたいときは「もうちょっとこういう編集したいけど…」みたいな感じになることがあるので、初心者中級者向けのソフトでしょうか。

動画編集ソフトとしてはそこまで高額でもないので、最初に触るソフトとしてはいいかもしれません。

無料の体験版もあるのでまずは触ってみるといいと思います。

 

FInal Cut Pro 

Final Cut Proは、もともとAdobe PremierePro(後述)の開発者たちが制作した動画編集ソフトで、Mac製品のみに対応しています。

www.apple.com

 

自分はMacは使用していないので使っておらず、まともなレビューもできませんが、PremiereProの流れを汲んでいることもあり、よく比較されます。

やや操作が難しいPremiereProと違って、FinalCutProはMac製品ということもあって直感的な操作で編集ができる点がウリなようですね。

 

Adobe PremierePro

お馴染みAdobe製品の動画編集ソフトです。名前を聞く人も多いと思います。自分もかれこれPremiereProを8年ぐらい使用しています(大した動画は作ってないですが…)。

www.adobe.com

 

PremiereProのいいところは機能が多彩で多くのプラットフォームに対応しているところです。また、同じAdobe製品であるPhotoshopやAfterEffectsとの連携もできるので、他のAdobe製品を使用している方にはかなり便利だと思います。しかし、初心者などは「何をしたいかわからない、どうすればいいかわからない」のがほとんどだと思うので、一番最初に触る動画編集ソフトにするとどう触っていいかわからずかなり苦戦すると思われます。中級者上級者向けのソフトだと思います。

ただ、慣れてくるとPremiereProが機能的に便利なので、「これをやりたい!」と思ったものは実現できると思います。(凝ったエフェクト等はAfterEffectsがメインになりますが)

 

この商品、面倒なのはPhotoshop等と同じで、月額制のCC版(クリエイティブクラウド)のみの販売になっています。年間で買うこともできますが、新規でライセンスを買い切りの形で使えることはなくなりました。

月額なので少し使ってみて、使えそうにないとか、結局使わなかったなら他のソフトを使ってみるみたいな使い方もできるかなと思います。そこは賛否両論でしょうけども。

 

Adobe AfterEffects

AfrerEffectsは「動画を編集するソフト」ではありますが、上記の編集ソフトとは目的が異なります。

PremierePro等は主に「動画ファイルを切り貼りして並べてYouTubeに上げるような動画ファイルを生成する」のが主な目的ですが、AfterEffectsは文字通り「エフェクト」を作るのに特化したソフトです。「映像を加工するソフト」という感じでしょうか。

例に挙げると「炎が燃えているエフェクト」だったり、「雪を降らせるエフェクト」などが作成できます。

作った後はPremiereProに乗せて編集する、みたいな流れになると思います。

 

また3Dのモデリングデータなどを動かしたりできるので、3Dグラフィックスに興味のある人は触ってみるのもいいかもしれません。

 

このソフト、目的が違っていると使い方もわからず「????」状態で終わってしまうので、完全に動画編集に慣れていて、さらに凝りたい人向けです。ぶっちゃけ無くてもある程度の凝った動画は作れます。映像編集に慣れてくると、AEさえ使うことができればもう何でも魅せることができちゃうので欲しくなるソフトだと思います。

 

まとめ

なにがなんでも無料で編集したい→AviUtl

動画編集初心者~中級者向け→AviUtl、CorelVideoStudio、FinalCutPro

動画編集中級者~上級者向け→AdobePremierePro

さらに凝りたい人→AdobeAfterEffects

 

ざっとこんな感じでしょうか(FinalCutProの位置づけが明確ではないですが…)

自分の技術レベルや作業の頻度、目的に合わせて編集ソフトを選んでみると作業も捗ると思います。