Necromakeycon-ネクロマキコン-

唐揚げを揚げつつ横スマを振ります。

クロブラのサイトが出来ました→ 神奈川スマブラ対戦会クロブラ

クロマキバレット、スマブラ界隈に入って4年が経過

2014年7月1日

自分がスマブラ用にTwitterアカウントを作った日付です。

 

Twitterで突然スマブラのアカウント欲しいなと思って作ってから丸4年になります。

スマ垢作ってから「スマブラの宅オフやってる界隈があることを知った」ので、なぜ界隈のことを知る前にスマブラのアカウントを作ったのかは覚えてません。

 

多分社会の闇に飲み込まれる前に、現実逃避でもしたかったのでしょう。

 

が、今考えるとこのアカウントなかったら、今のようにスマブラしてる自分は確実になかっただろうし、人生を変える大きなキッカケになったと思います。

 

 

アカウント作ったとはいえ、当時DXしかやってなかったのでオンラインでの対戦もしているわけがなく、スマブラDX攻略指南をなんとなく読んでいたような記憶があります。(アカウント作る前から攻略指南は知っていたからやっぱこうさんはすごいDX界隈に貢献しているなというのを痛感しています)

 

 

そんなこんなでアカウント作ってちょっとしたところでスマ勢から突然のリプが飛んできました。

その人はスマブラしてる人っぽいからフォローしとこーと思ってフォローしたんですが、アカウント作ったばっかりの見ず知らずの人にいきなりリプ送ってくるとかかなりやべー人なのでは????と最初は思いました。

 

そうです、2-NEさんです。

 

スマ垢を作っていたとしても、多分彼がいなかったら自分はスマブラ界隈に関わってなかった可能性が高いです。
スマブラ動画をYouTubeにアップしているオフ勢じゃない人を見つけては、動画にコメントで「スマブラオフっていうのがあるんですけど」みたいに書いてたりする、行動力の塊みたいな人です。

 

 

そして自分は当時福岡に住んでいたので、2-NEさんから福岡勢を紹介されます。

 

そうです、ちゃん山さんです。

 

今でこそ修羅ブラは、なんちゃんが声でかくてやばいみたいな感じになってますが、ちゃん山さんはなんちゃんより声がでかいです。
大会会場の端で対戦やってるのに、配信にくそでかい声が入って視聴者から「今のは広島勢ですか?」(その時大会にちょうどRudolphさんが来ていた)みたいなコメントが上がるぐらいに騒がしいですが、3DSスマブラ発売翌日に大会開いたりする行動力の塊です。裏で自分にこそっとフォロー入れたりしてくれて、本当に感謝しています。

 

 

そんな中で初めてスマブラ勢の宅オフに参加します。

 

そうです、くろうささん宅です。

 

 

部屋が水樹奈々で溢れていました。
その中でブラウン管があって(当時ブラウン管でやる必要があることを知らなかった)なんなんだこの環境は…って感じでした。
オフ勢と対戦するのは初めてだったので、もちろんボコボコにされて。
「こんな界隈があるんだな…」と感じたのがすごく印象に残っています。あと福工大から九工大までものすごい遠いのによく行く気になったなあとも。

 

 

そんな感じでTwitterで知り合いを増やしたり、オフ大会に参加したりでスマブラ的活動をしていたら、いつの間にか絶男さんとぬーさんがフォロワーにいた、という感じです。気がついたらいた、という感じなので流石はふぁぼ五神ですね。

 

 

福岡にいた間にスマ4が発売され、DXよりもスマ4のルキナ窓とかで動くことが多くなり、窓を通して色んな人に絡んで知り合いも増えました。
もちろんDXも好きなのでやっていましたが、DXのガチ経験が浅い中でスマ4に慣れたこともあってとても操作が被ってやりづらいなと思うようになりました。

 

 

その後関東に引っ越し、唐揚げを揚げながらスマブラをする、「クロマキ宅オフ」を始めました。

宅オフに来た人と話したり、オフ大会に参加して、「唐揚げの人」で通じるようになってしまいました。

 

 

対戦相手「対戦よろしくお願いします!お名前は…?」

ぼく「クロマキバレットです」

対戦相手「あぁー!!あの唐揚げの!!!」

 

「この人があの眠りの小五郎…」みたいなニュアンスでかなり言われてました。
こっちが相手のこと知らないのに相手はこっちのこと知ってるみたいな(しかも何故か唐揚げで通じる)のが多くて、唐揚げの影響力つえーって思いました。

 

 

そして会社のボーナスを全部突っ込み、赤字覚悟でクロブラを開き、結局自分が大会に出たり宅オフで対戦しないので、スマブラは上手くならないまま運営に徹する役をやることが多くなった、というのがここ1,2年でしょうか。

 

 

今までここまで「これのために〇〇したい!!」と熱くなったことっていうのがなかったので、スマブラ界隈を知ることができて本当に良かったと思っています。

 

 

また、冬にはスマブラSPECIALが発売されます。
今後新しくスマブラ界隈に関わってくる人も増えてくることでしょう。

 

自分は過去に、周りのスマブラ勢にいろいろ教えてもらいました。
今度は自分が宅オフや大会の開催を通して、新しくスマブラを始める人達に教えていく番です。

 

 

スマブラWiiUも年末で終わり、節目の時期でもあるので初心を思い返して今後も頑張りたいと思います。

 

f:id:chromakeybullet:20180701001023j:plain

f:id:chromakeybullet:20180701001035j:plain

唐揚げも腕を磨いて店舗出せるように頑張ります。