Necromakeycon-ネクロマキコン-

唐揚げを揚げつつ横スマを振ります。

クロブラのサイトが出来ました→ 神奈川スマブラ対戦会クロブラ

#クロブラ11 お疲れ様でした 今後のクロブラへ向けての反省点等

クロブラ11、トラブルばかりでどうなることかと思いましたが無事終えることができました。

スタッフの方、参加者の方、本当にありがとうございました。 

 

f:id:chromakeybullet:20180924230126j:plain

 

Result

クロブラ11 WiiUトーナメントAクラス - Challonge

優勝: クザン
準優勝: Shogun
3位: ゆず
4th place: ザクレイ
5th place tie: ヴェント 真央
7th place tie: SST_Yamanyon むねキン

 

クロブラ11 WiiUトーナメントBクラス - Challonge

優勝: アリカ
準優勝: 白虎
3位: ぱーる
4th place: たまねぎ
5th place tie: けんころちょ おサム
7th place tie: やさいかきあげ れんゆっくり

 

クロブラ11 DXトーナメント - Challonge

優勝: Sanne
準優勝: ムロ
3位: Falpan
4th place: あやたか
5th place tie: ぴーや れもん
7th place tie: A&B わーたべ

 

 

また、今回はキャンセル待ちの人が非常に多く、DXでは参加するけどWiiUキャンセル待ちになっているという人が多かったので、勿体ないなと思って0回戦敗退組でCクラストーナメントをやってみました。

 

クロブラ11 WiiUトーナメントCクラス - Challonge

優勝: CND|Raito
準優勝: Hobbit
3位: やから
4th place: キスケ

 

やたらと強者だらけなので、「Cクラス」と名前つけたのは間違いだったかもしれません。

 

今回全てのGFでリセットが起きて、GF Set2までなったのは、見てる側としてもすごく熱い展開でした。
特にWiiUのAクラスは、クロブラ常連で今まで惜しくも優勝を逃してきたクザン選手が優勝したとあって感動して思わず涙してしまいました。

80人規模の小さな大会ではありますが、感情が顔に出てしまうような熱いドラマを魅せつけられるとは開催当初思ってもなかったので、本当に大会開いててよかったなと思いました。

 

 

さて、今後のクロブラですが、11月がクロブラWiiU最後のイベントとなります。
こちらのイベント、小部屋を1部屋しか確保できなかった都合上80人規模のトーナメントは開催できません。本当に申し訳ない。

 

では64人で普通にトーナメントをするのかという話ですが、ここはクロブラらしくWiiU最後の思い出を作りたいなということで、ナンバリングでありながら特殊ルールトーナメントを真面目にやってみようかなと。

サブイベントって書いちゃうとメインイベントが何なのかわからないので「特殊ルールトーナメント」って表記がいいのかなとか、説明する側もすごいややこしいんですが、要は大規模なサブイベントをやるトーナメント大会です。

 

最後のWiiU大会なので、WiiUでしかできないイベントとかやりたいなあとは思ってます。

 

 

スタッフとしての反省

 

遅刻者の管理ができていなかった

今回は参加者がめちゃくちゃ多かったため(キャンセル待ち30名、見学申請21名)、やばいことになりそうとは思ってましたが、問題起きてしまいました。

 

流れを追って説明すると、
参加者からTwitterにて遅刻連絡を受ける

Twitterの確認ができておらず、予選開始時間になっても受付に来ていなかったため、キャンセルしたと見なしてキャンセル待ちの人を繰り上がり参加させた

予選開始後に遅刻連絡した人が到着、予選が埋まっていることが発覚

今回は「遅刻する場合は連絡を入れてください」とは告知していたものの、「遅刻連絡後でも、予選開始時間になった場合はキャンセル扱いとする」という明記はなかったこと、またスタッフ間の連携不足だったこともあり、スタッフの参加者の枠に代わりに入ってもらうことにしました。

 

・参加者が多いのもあって遅刻連絡もとても多く、確認が漏れたこと
・遅刻に関して明確な記載をしていなかったこと

が問題だったと思います。

スタッフ間での確認が漏れていたのは完全にこちらの責任です。申し訳ありませんでした。

遅刻に関する記載は明確にどうしようか考えていなかったというのはあります。
実際午前午後で分けているのもあって、午前の部の遅刻者は予選開始に遅刻したら参加不可だけど、午後参加の遅刻者は、遅れても予選に間に合いさえすれば受付時間遅れてもいいみたいになるのはシステム上なんだかなあと思っているところです。
かと言って、遅刻連絡受けてても予選に間に合わなかったらバッサリ切るのはどうなんだって話にはなりますが…。
この辺もルールとして確定させて明記しておきたいですね。

 

配信が途中で切れた

クロブラ会場は有線環境がないため、ポケットWi-Fiで配信を行っています。
常に充電してはいるんですが、DXの配信のためパソコンを受付に置いておらず、同期台WiiUのUSBポートから充電をしていました。
しかし、あろうことかWiiUを1時間放置していると勝手に電源が切れる機能があることを忘れていたため、途中でポケットWi-Fiの電源が切れ、配信が止まっていました。

 

これに関しては完全に自分1人のミスです。電源切れる前に気が付けばよかったんだけど本当に申し訳ない。

 

で、充電開始したんですが、なぜかそれまで問題なかったのにすごく動作が重くなりまして。
今までは上限超えてても配信が露骨にカクつくみたいなのはなかったので、低バッテリー状態だったから起きたのか、上限超えすぎてやばくなったのか、原因はわかりませんがとりあえず電源切れたのは自分が原因です。本当に申し訳ない……。

ゴミがいっぱい出た

人が増えたこともあってゴミもいっぱい出ました。
マックのゴミとか飲みかけのペットボトルとかありましたが、ゴミを捨てているのは自分です。いつも持って帰って家で捨てています。
「ゴミとか会場に捨てればいいでしょ?」と思っている人もいるかもしれませんが、そういうわけにはいきません。

会場によっては「お金を払えば」ゴミを回収してくれるところもありますが、今のところはそういうものもありませんので、各自ゴミは持ち帰ってもらいたいです。

 

名札ケースが足りなかった

名札ケースが10~20人分ぐらい足りませんでした。
今回見学も満席という過去に例がない事態で、参加者が多すぎたこともあって(見学含め120~130人ぐらい?)余分を用意できていませんでした。
今後規模拡大のことも考えて大量に用意しておきます。

 

スタッフ不足

WiiUのABクラス、DX、Cクラスまで入れて、4トーナメントを同時にこなすという普通のスマブライベントじゃ絶対やらないことをやってたわけですが、かなり進行面で人数足りてませんでした。
上記の問題でスタッフがトーナメントから落ちたこともあって、何とかCクラスはやらないと申し訳ないなと思って実際やってみたんですが、かなり無謀なところはありました。突然やることにしてスタッフにかなりの負担を与えてしまったのは本当に申し訳ない。

いくらスタッフだと言っても、遠方からきている友人とフリーしたりとか、WiiUとDXトーナメント同時参加したいとか、近くの飯屋でゆっくり食事とかしたいところを、受付に座りっぱなしとかで休憩もロクにできない状態にさせてしまってるので、やはりスタッフが足りていないんだなあと。

今問題なく大会進行が回っているのは、「なんとか回せるようにスタッフがめちゃくちゃ頑張っている」からであって、「この人数でもなんとかなるからスタッフを増やさなくていい」っていうのとは絶対違うんですよね。

 

特に配信周りの設定とか知識がないとできないところはどうしても専門のスタッフみたいなのができてしまうので、そこも人が足りないみたいなのがないように情報共有していくのが必要だなあと。

 

今はでかい会場を借りて、でかい大会をやるとは口では言っているものの、規模をでかくするのはギリギリのスタッフしかいない現状だとかなり難しそうだなぁという印象です。

スタッフが多ければ、交代で回しつつ進められてなんとかなると思うので、今後できる限り人を増やしていきたいなというところです。

スタッフが増えそうにないのであれば、あまり現スタッフに大きな負担をかけるわけにもいかないので、大きな会場はよほどのことがない限り取らないかなと思います。

 

 

 

そんなこんなで毎度長文しか書けないんですが、クロブラの今後と、現状の反省点でした。