Necromakeycon-ネクロマキコン-

唐揚げを揚げつつ横スマを振ります。

クロブラのサイトが出来ました→ 神奈川スマブラ対戦会クロブラ

クロブラ参加者のランキングを作成します #KPR2020

 

作成の経緯

クロブラの大会結果について、「クロブラはJPRに換算されないのか…」って言う参加者からの声が前からあって、「クロブラはルールが全然違うし、関東ではウメブラがあるし別にいいじゃん」とも言われてました。

 

クロブラのルールは「互いの同意があれば好きなステージで対戦可能」「互いの同意があれば公式ルール(アイテムありチャージ切り札あり)で対戦できる」というもので、仮にそのルールで最強プレイヤーをぶちのめしてしまったらそれが結果としてランキングに反映されるのでどうなんだ?って自分でも思います。

 

国内ランキングに反映されない事自体は個人的に納得してるので気にしてないんですが、参加者の大会参加のモチベーションに「ランキング」という面があるのなら、そこに協力できてないのは申し訳ないなと思っていました。

 

そこで「じゃあクロブラだけでランキング作ればいいのでは?」という発想の元、実際に作ってみることにしました。

 

それが「KurobraPowerRanking」、略してKPRです。

 

braacketについて

ランキング集計面倒じゃない?って思ってたんですが、やはりこういうのは海外の競技シーンが進んでいるもので、専用のサイトが有りました。

それが「braacket」というサイトです。

 

braacket.com

 

どうやらbraacketを知っている海外勢が既に国内大会のものも記録残していたのがわかったので、smash.ggの時もそうだったけど日本はこういうサイトではちょっと遅れてるんだなあってちょっと思いました。まあどういうものなのか認識してもらえれば、いずれ全国的に使用されることでしょう。

 

英語のみのサイトなので初見じゃちょっと作り方とか細かいところがわかんなかったんですが、Plata氏の協力もあってbraacket完全に理解しました。

簡単に言うと、データ分析大好きな人には最高のサイトです。

 

braacketでできる事として主なものは下記3つで

  • ランキングの集計
  • プレイヤー同士の直接対決集計
  • 個人成績の確認

となります。

 

リーグ(ランキング集計先)に各大会のトーナメントを追加していくことで結果を自動算出してくれます。

ランキングの作り方を書いていくと時間かかるので、作成方法に関することは別に記事にしようと思います。

 

どんな集計内容が見れるのか?ということについてはKPR2020のリーグがあるので、それを参考にしていただければわかりやすいかと思います。

 

braacket.com

 

現状のランキング結果。
2020/3/22現在クロブラのランキングは、クロブラ19とクロブラ20の2トーナメント分入っているので、更新時に↑とか↓とか前回との比が表示されるようになってます。

f:id:chromakeybullet:20200322234247j:plain

もちろんこれは毎トーナメントごとに集計されるので、1回いい結果残してもその後全く出なかったら他の人に抜かされていきます。なるべく毎回出ていくと良いと思います。

 

次にものすごく便利なのが、プレイヤーごとの直接対決表。

f:id:chromakeybullet:20200322234250j:plain

全プレイヤーの結果が見れます。それもリーグに登録されている大会全てになるので、どんどん入れてくとえらい量になります。

まだ2大会分なので、今後が楽しみ。

 

 

そして最後に個人の戦績。

f:id:chromakeybullet:20200322234244j:plain

誰に勝った負けたとか、ランキングの順位推移とか、今まで1位とかベスト32とかを何回取ったのかとか、すごい細かく見れます。

ここもまだ2大会分しかやってないので、今後どんな感じになっていくのかが楽しみです。

 

KurobraPowerRanking

クロブラのランキングとしては、今後スマブラSPに関しては96人規模の大会を開催していくので96人規模の大会の比重を100%とし、大体の人数によって大会の重さを変えていこうと思います。

ちょうどクロブラ19が192人、クロブラ20が64人なので、まだ比重100%の大会は開けてないんですが…。

 

また、ある程度のスパンを固定したランキングとしたいので、ひとまず2020年のリーグとして作成しています。ということで今作っているのは「KPR2020」。

年間ランキングとは別に、クロブラSP全大会の合計みたいなものも出しても面白いかも?とは思ってます。まだ作ってないですが

 

また、DXについては今年開催した大会が1回のみなので、来月のクロブラ21をやった後にDXの方のランキングも作成しようと思ってます。KPRM(Melee)2020みたいな。

DXに関してはゲームが変わってない関係上、過去4年分遡って結果入力もできそうなんでちょっと考えておきます。

 

このランキングを作成することで、
運営的には「この人めちゃくちゃ勝ってるからシードにしちゃお」とか「この組み合わせもう何回も見たな、ブロック入れ替えよ」みたいな基準になりますし、
参加者的には「この前よりランク上がった!」とか「○○さんに勝ち越した!」みたいな自分の成長記録として使うことができます。

 

運営側にも参加者側にもメリットがあるので、「クロブラにはそういうのがあるよ」っていうことだけ知っておいてほしいです。

 

【1人暮らし向け】業務スーパー食材強さランキング(野菜部門)

 

序章:冷凍庫を買いまして

冷蔵庫が先日壊れたので新しいのを買おうと思って。

新しいのを買おうと思ったんですが、そもそも1人暮らしで冷蔵より冷凍スペースの需要の方が高く、食材を買い込むのが出来ないのが不満点だったので

冷蔵の機能は捨てて冷凍庫を買いました。

 

買ったのはこちら。 

 

アイリスオーヤマ 冷凍庫 60L 小型 家庭用 静音 ノンフロン 前開き 温度調節5段階 メーカー1年保証 ブラック IUSD-6A-B

 

自分はもうすぐ1人暮らし10周年になりますが、以前使っていた冷蔵庫はこれより少し大きいかなぐらい、冷凍庫と冷蔵庫の2窓式のもの。

冷凍スペースが増えたことで一度に大量に買い込める業務スーパーと相性がいい、ということであれこれ買ってみて便利だった食材を強さランキングにしてみました。

 

終章:業務スーパー食材強さランキング(野菜部門)

第5位

f:id:chromakeybullet:20200320182908j:image
ブロッコリー 500g 148円 

 

栄養の塊ことブロッコリー、1人暮らしで栄養が偏りがちですが冷凍できて長期保存できるのはありがたい。

同じく業務スーパーで業務用シチュー(顆粒)を買ったりするんですが、その時にブロッコリーも入れると全体の彩りがよくなるので、シチューとしての見た目がよくなります(小泉進次郎構文)。

普段大量に使わない食材だけに、使う分だけ冷凍のストックから使えるのが便利です。

 

第4位

f:id:chromakeybullet:20200320182912j:image

 刻みたまねぎ 500g 97円

 

1人暮らしで玉ねぎを刻まないといけない場合、「自分1人しか食べないのに細かく刻むの面倒やな」という衝動に駆られた経験はないでしょうか。

そう、1人暮らしとは常に孤独。見た目よりも時間効率優先でいいんです。

 

「作業工程が減る上に同じ冷凍の玉ねぎスライスより安い」というのもおすすめポイントです。

地元の九州では聞かなかったので関東に来て初めて知ったんですが、玉ねぎがラーメンのトッピングとして存在しており、なるほどなあと。
つまり包丁いらずでラーメンのトッピングになると。

また、ひき肉と一緒に炒めて、ラー油とか豆板醤で辛めの味付けでご飯のおかずにすると、包丁不要でご飯も進んでめちゃくちゃ優秀食材です。

 

第3位

f:id:chromakeybullet:20200320182906j:image

白ねぎカット 500g 148円

 

カットしてあるためこれも包丁いらず。

これもトッピングとして優秀なので、ラーメンとの相性が良い。

唐揚げのねぎ塩ダレとか、うどんに入れたりとか、薬味としての汎用性が高い

「薬味として使う=ネギはメインではない」のですが、その分メインに使う時間を割けることに繋がるので思ったより役に立ちます。

 

また「とりあえず入れとくか」感覚で使う頻度が多いです。とりあえずでも使えるのが強い。

 

第2位
f:id:chromakeybullet:20200320182915j:image

カットほうれん草 500g 138円

 

これもカットしてあるので包丁は出番がない。
包丁は肉を切る時に使うので、野菜切るための包丁は不要。衛生的にも○

 

ほうれんそうは栄養満点。缶で売ってはないけど、食べれば力こぶめちゃくちゃ出てくるし悪者を退治できる。

家系ラーメンでは欠かせないトッピングなので、自宅で家系ラーメンが食べたいときは買うべし。

 

ココ壱とかにもあるけど、カレーのトッピングとしても優秀。
卵が余ったときとかに一緒に炒めたりしても美味しい。 


第1位
f:id:chromakeybullet:20200320184705j:image

おろしにんにく 1kg 548円


にんにくは粒を剥くのが面倒…チューブにしちゃお。という人もいるだろうが、チューブ買うぐらいならボトルで買った方がよい。

 

唐揚げを作るときには必ずにんにくを入れてるし、ラーメンはもちろん、餃子とかその他のニンニク料理にも使えるので優秀。

粒で食べたい場合はネットに大量に詰まったやつも売っているのでそれを買ってもよいが、剥くのが面倒→あまり消費しない→傷んでしまうで消費しきれないことがほとんどだったので、粒目的でないのであれば(また料理するにあたって楽なのを重視するのであれば)おろしてあるものを買うのがよいです。

粒で買うよりも長持ちします。

 

まとめ

ラーメントッピングランキングみたいになってますが、1人暮らしの社畜が家で食事する際、結局何を1番食ってるかって言うとカップ麺とかインスタント麺になってくると思うんですよ。
実際自分も料理はする方ですが、平日夜とか、「もう腹減った、すぐ食事を済ませたい、夜遅くてコンビニしか開いてない」って時はカップ麺が多くなってしまいます。

 

カップ麺やインスタント麺生活を続けると飽きてしまうし、まともに料理をするとなると、帰宅してからでは晩御飯がかなり遅くなってしまう。あと栄養もほしい。

時短野菜があることでインスタント生活を少し華やかにできるだけでなく、炒め物とか簡単な料理も作りやすくなるので、灰色の社畜生活に活路が見出だせるのでは、あと栄養も取れるのでは、と思って最近業務スーパーで野菜をよく買うようになりました。

 

業務スーパーの回し者かと思われそうですが、お金は(今の所)もらってないです。

業務スーパー|クロマキバレット」として各種イベントで宣伝も可能ですので、スポンサードご一考ください。お待ちしております。

 

#クロブラ19 C-Tierのクロブラ開催しました

 

過去最大規模のクロブラ

もう結構過ぎちゃっていますが、2020年1発目のクロブラとして、大規模クロブラを開催しました。

クロブラとしては最大規模のスマブラSP192名、スマブラDX48名のトーナメントです。

 

日本国内では参加者数が160人を超えるとPGR*1で大会のレベルを「C Tier」として認められるので、クロブラ初のCランクの大会ということになりました。

 

相次ぐキャンセル、増えるトラブル

キャンセル者の最高記録更新

開いたはいいものの時期が悪く、風邪とか他のイベントに参加するから、という理由でキャンセルが相次ぎました。

 

もちろんキャンセルがある程度発生することは想定済みだったんですが、当日キャンセルを含め累計60枠ほどのキャンセルが発生したため、急遽繰り上げ対応を行ったり予選ブロックを組み直したりとてんやわんやでした。ギリギリまで手伝ってくれたスタッフには感謝しかないです。

 

電波が入らず…

今後クロブラで同規模の大会を開くかはわからないですが、やる場合は事前準備を綿密に、特にスタッフ内で打合せ等しっかりやってから望みたいですね。

 

でかい大会であるのにも関わらず、配信できなかったこと、記念写真を撮り忘れたことが心残りでした。

DXの方も配信できる人来てくれたのに迷惑をかけました…。

 

Wi-Fiが使えないとわかったので同会場は今後使うことはないですが、有線環境が備わってて、金額が現実的で、キャパ的に問題なく、機材運搬が困難でなく、一般人が予約して押さえられる会場…と条件を絞ると、200人以上入る箱をかなり探すの難しいです。

 

クロブラも規模とか主催の引越し後の開催しやすさとかを考慮して、おださが以外の会場を探していくつもりです。

 

事前準備の大切さ

Twitterでは何度も言ってますが、今回改めて実感したのは「イベントがうまく行くかは事前準備が9割、当日の対応が1割」です。

 

事前準備が盤石であれば、当日何かしらあってもなんとかなります。マジで。

 

事前準備が完璧かどうかは、それなりの規模の大会を何度も開いてミスしてきた経験の積み重ねから来ると思ってるので、TO*2業務を何度もやってないと判断できないと思います。

 

スタッフ間の共有は大事

ただスタッフであっても、基本的に配信なら配信、受付なら受付、進行なら進行とメインの業務があり、自分の担当外の事は詳しく認知してないことがほとんどです。いろんな担当を順番に回してスタッフをやるとか(どこかの大会で取り入れてた)、一人でイベント回さないとわかんないことはあります。

その辺をスタッフ間で共有できてるかどうかで、トラブル時の動きも大きく変わってくると思います。

 

イベント規模が大きくなるにつれてスタッフの作業がエグいことになるので、EVOとかGenesisは大変なんだろうなぁと思います。

EVOJapanの記事にも書きましたが(時系列的にはクロブラ19の方が先なんだけども)EVOJapanは過去ないほど疲れましたが、スタッフが最強の布陣だったこと最強のメンバーが事前に質問上げてヤバそうな点は共有して当日動きやすかったのでスマブラ界隈つえーって思いました。

 

逆に小規模イベントの話。

ハマブラのTOもやってますが、32人トーナメント程度ならFGO周回しながら片手間で回せます。

トラブル起きても一人で対応できますし、スタッフ間にわざわざやること細かく共有しなくても解決することがほとんどです。

もし小規模イベントをやってみて「こんな楽なら規模でかくしても回せるやん」って思うのは間違いです。

 

最初は小規模で、規模拡大していくという大会も増えていますが、規模拡大で普段と勝手が違うと予想外の問題も起こりやすいので気をつけましょう。

 

個人的なクロブラ19まとめ

  • 年末年始と年度末にデカいイベントやるとしぬ
  • 大会は事前準備が9割
  • スタッフの情報共有は大事
  • みんな協力ありがとう

 

なんで2ヶ月以上経って記事を…と思う方もいるかもですが、純粋に年末から仕事がかなり忙しく、毎日0時過ぎに帰宅したりで大会とかゲームどころではなかったんですね。3月になってやっと落ち着きました…。

繁忙期にEVOJapanとクロブラのためにかなり強引に休み取りましたが、有給は使ってナンボなのでガンガン消費していく予定です。

 

逆に2ヶ月経っても「これは残しておかないと!」と思って記事にしたので後の参考になればと。

 

次回はVSコロナウイルスとなりますが、また終わってから記事にしたいと思います。

 

*1:Panda Grobal Ranking。ゲーミングチームのPandaGrobalがプレイヤーランキングを決めるため、大会のレベルをS~Cで決めている

*2:トーナメントオーガナイザー。大会主催者。

#EVOJAPAN2020 スタッフとして参加しました

格ゲーの祭典、EVOの日本版であるEVOJapanが1月24日から26日までの3日間開催されました。

 

今回は選手としてだけでなく、スマブラのスタッフとして参加してきました。

 

続きを読む

新年のゴアいさつ

あけましておめでとうございます。

 

2019年は色々ありましたが、無事終えることができました。
1年通じて、仕事でも大会の運営でも情報の共有ってとても難しいなと思った1年でした。

 

2020年になりました。

去年のクロブラは計7回、11月と12月は2か月大会が開けず、10月も対戦会だったため丸3か月大会が開かれていない状態です。

 

今年はこのようなことがないよう、予定を早めに取り、2020年の6,8月以外の予定をなんとか埋めることができました。

 

大会カレンダーはこちら
https://calendar.google.com/calendar/embed?src=noibntilla5u641v1skkim2fvc%40group.calendar.google.com&ctz=Asia%2FTokyo

 

 

1年先の予定を埋めるのはかなりリスク高いんですが(他のでかいイベントと被る、台風とか災害で実施できなくなる等)、オリンピック等の会場予約争いなどもあって早めに動かないと大会開きたいときに開けないというのが現状なので、早めに取らせてもらいました。

 

実際2019年の11月12月はいつもの会場以外で場所探したんですが時すでに遅し、土日に空いてる会場がありませんでした。

f:id:chromakeybullet:20200102152832j:plain

 

場所がなくてゴアって*1しまうと人類滅亡とはならないまでもクロブラ消滅は全然ありうるので、先手打って会場は先に取っておこうという話です。先に会場大量に予約するのは資金面では結構痛いですけどね。

 

ということでクロブラの2020年は下記日程で開催予定です。
twitter.com

2020/01/11 大規模クロブラ
2020/02/24 クロブラLAN
2020/03/21
2020/04/18 4周年記念大会
2020/05/23
2020/07/23
2020/09/19
2020/10/10
2020/11/07
2020/12/26

 

ハマブラについても下記日程は確定です。

twitter.com

2020/01/18
2020/02/15
2020/03/14

 

 

今年も大会開催側として盛り上げていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

 

*1:「ゴアる」とは真・女神転生SJにて全滅してしまうこと

「孫氏の兵法」から学ぶスマブラ #スマブラAdventCalendar2019

「孫氏の兵法」を皆さん聞いたことはあるでしょうか。

 

中国の春秋時代、紀元前500年頃に孫武によって書かれたものとされています。

 

内容をよく知らなくても武田信玄風林火山呉越同舟「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」など、部分的な言葉を聞いたことがある人は多いと思います。

 

とはいえそんな古い兵法書を読んだところでどうなるんだ?と思う方もいるかもしれませんが、読んでみると非常に奥深く、歴史上の偉人が参考にしていたり、また現代ではソフトバンク孫正義が「戦いに勝つための条件」として引用解説するなど、現代社会へ通じる点もあるとして注目を集めています。

 

自分はこの孫氏の兵法を読んでいて「1企業の社員の働き方に取り入れることができるのであれば、兵法を書いているものだし対戦を行うスマブラにも取り入れられるのではないか」と思ったのでスマブラでの対戦時に置き換えて書いてみることにしました。

 

続きを読む

スマブラオフイベント参加時に気をつけてほしいこと #スマブラSP_オフ会

クロブラ/ハマブラ主催のクロマキバレットです。

 

スマブラのイベントに初めて参加するので勝手がよくわからない」って人もいると思うので、運営側の目線も踏まえて記事にしてみます。

 

続きを読む